こんにちは,たけをです。

日本から距離的にも近く,物価も安い東南アジア。

そんな東南アジアで1ヵ国だけでなく,いろんな国を回ってみたい!という思いを持っている人もいると思います。

そんなかたに東南アジアの周遊計画の立て方を提案します。

東南アジアの魅力

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前述したとおり,日本から距離的に近いため,航空券も高くなく,現地の物価が安いことが魅力です。

また,欧米諸国では日本人などのアジア人に対し,若干冷たい対応をされますが,東南アジア諸国ではとても歓迎的な,フレンドリーな人が多い印象です。

 

周遊の拠点

日本からの発着地点として最適なのはタイのバンコクです。

これはなぜか。

理由は日本との就航便が多いからです。

東南アジアの旅行ではセブ島やバリ島を除けばタイ・バンコクに行っている人が多いイメージがありますよね。

2つ目の理由としては,往復航空券が安いからです。

航空券は片道ずつ取るより,往復航空券でとったほうが安いんです!!

季節によって変化はありますが1万円台前半の金額で往復航空券をとることも可能です。

これらの理由からバンコクを拠点に周遊することが最適です。

回り方

時計回り

バンコクから入り

タイ→ミャンマー→ラオス→ベトナム→カンボジア→タイ

という回り方です。

現在ミャンマーは2020年9月末まで日本人はビザが免除されているのでそれまでに計画したほうが良いでしょう。

 

反時計回り

単に時計回りと逆なだけです。

タイ→カンボジア→ベトナム→ラオス→ミャンマー→タイ

と回る回り方です。

 

ベトナムは南北に長く,南部,中部,北部で大きな町があり,雰囲気が異なるので,縦断することをオススメします。

 

移動方法

バス

東南アジアは長距離バスが発達しているため,高速バスで移動するとコストも抑えることが出来ます。

しかし,長時間かかってしまうため短期間で周遊しようと考えている人に取っては適さないでしょう。

普段できない,バスで国境を超える経験もできるので,時間のある大学生などはしてみても面白いでしょう。

 

飛行機

日本からの直行便は東南アジアでも限られているが,東南アジア間の飛行機移動であるならば,日本からの直行便のない都市へのアクセスも容易です。

値段はバスや鉄道に比べると高いですが,その分移動時間が短いため,短期間で周遊をお考えの方には最適でしょう。

スカイスキャナーというサイトが最安値を表示しているので,そちらで調べることをオススメします。

スカイスキャナーはこちら。

 

鉄道

東南アジアで鉄道のイメージはみなさんお持ちでしたか??

私はありませんでした(笑)。

そのイメージの通り日本に比べ,鉄道が発達しているという感じではありません。

ベトナムはハノイーホーチミンまで南北につながる「統一鉄道」があります。

座席によって固い木から横になれる簡易ベッドのようなものまで,異なります。長時間乗車する方はグレードの高い座席をとることをオススメします。

値段はバスと同額くらいですので,どちらを選ぶかをよく考えて取るとよいでしょう。

シンガポールやマレーシアなどでは地下鉄など発展していることはありますが,周遊の際の移動では鉄道・地下鉄よりバスのほうが発展しているでしょう。

 

まとめ

今回紹介したバンコクを拠点に周遊する方法以外にも方法はたくさんあります。

北から入り南下し南から出る,その逆,回り方など気にせず,興味があるところへ行く,etc,,,

このように人それぞれ回り方は自由です。その中の一例として紹介したので,参考にしてみてください。

東南アジアには旅の魅力がたくさん詰まっています。

その魅力に気付くには行動が一番です。「百聞は一見に如かず」です。

是非,行動に移して見てください!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA